ユーロドルは強いもみ合いに

  • 2019年1月10日


USD/JPY

 

 

 

ドル/円は先週の大幅な急落からの回復を遂げました。しかしながら108.73円のサポートレベルのブレイクには至らず停滞しています。モメンタム指標は下向きに停滞しており、RSIは30%のサポートレベルを記録しています。

 

   

 

 


EUR/USD

 

 

 

ユーロ/ドルは1.153ドルの値を含むレジスタンスレベルをブレイクする強いもみ合いを開始しています。モメンタム指標は鋭い上昇に転じ、MACDはゼロラインをブレイクしました。

 

 
 
 
 GBP/USD

 

 

 

ポンド/ドルは週初めの急落から回復をみせ、1.269ドルをブレイクしました。先日の取引では、同ペアはキーレジスタンスエリアから超える苦戦をしいられています。モメンタム指標は全体的に上昇軌道を維持し、MACDはゼロラインに近づいています。

 

 

 

 

USD/CHF

 

 

 

ドル/スイスフランは長期下降トレンドの形成により0.978のサポートレベルを下抜けしました。モメンタムはやや弱気ながらも中立を示しており、RSI指標は30%のサポートレベルへ接近しています。

 

 

 

 

USD/CAD

 

 

 

米/加ドルは長期上昇トレンドから離れ、1.326ドルのサポートラインを含むサポートレベルを下抜けする結果となっています。このブレイクは本日の取引において買いの動きと連動しています。モメンタム指標からも弱気なセンチメントへの影響がみえ、MACDはモメンタムの反転をみせています。

 

 

 


 

 

銀は15.69ドルのレベルのブレイクに苦戦しており、連続した同時線が方向感の無さを表しています。レジスタンスラインのブレイクに至らず、リバーサルが起こる可能性が高い状況です。モメンタム指標もリバーサルが近いことを示し、MACDは上部で停滞し、RSIは70%のレジスタンスレベルへと戻る動きをみせています。

 

 

 

 

 

 

金はもみ合いの後、最近の高値である1303.94ドルのレベルに接近した後停滞しています。この休息は1303.94ドルの値に近づく買いの動きを後押ししています。RSIは70%のレジスタンスエリアへと戻り、MACDは上部で平坦な動きをみせています。

 

 

 

 

原油

 

 

WTI原油の買い圧力は優勢になり、$50/バレルを上回る上昇の動きをみせています。モメンタム指標は穏やかな上昇反転を始め、MACDはゼロラインに接近し、RSIは鋭い上昇曲線を示しています。

 

 

 

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座