WTI原油は回復へ向かう

  • 2020年4月6日

USD/JPY

 

ドル円は106.62円のサポートレベルにヒットする前に買い手が戻り、107.93円のレベルをブレイクする為に戻った。このペアは107.93円~110.19円の範囲で推移する可能性。モメンタム指標は中立/強気領域。

 

 

 

 

EUR/USD

 

ユーロドルは1.089ドルのサポートレベルをブレイクし、最近の取引で売り手の確信が急激に高まり1.078ドルのサポートレベルを超えた。その後、買い手がこの価格レベルで戻り、売りの失速を表している。モメンタム指標は弱気領域で行き詰まる。

 

 

 

GBP/USD

 

ポンドドルは1.251ドルの価格ラインの直前で失速した為、1.216ドルサポートレベルに引き戻された。このサポートレベルは以前の取引範囲の底を示しており、価格推移が安定し始めると再度底となる可能性がある。モメンタム指標は買われ過ぎの状態から緩やかに回復。

 

 

 

USD/CHF

 

USD/CHFは0.973スイスフランのレジスタンスラインを超えているが、小さな実体のローソク足は買い手がラリーを推進する意欲の欠如を表しており、ブレイクは優柔不断で満たされている。モメンタム指標は中立/強気領域で行き詰まる。

 

 

 

USD/CAD

 

USD/CADは上昇トレンドラインに沿って推移し、1.450カナダドルのレジスタンスラインで最近の高値に戻る。最近の取引における売り圧力にも関わらず、強気のバイアスが持続する。モメンタム指標は買われ過ぎの状態から反転し、横ばい。

 

 

 

 

銀は小さな実体のローソク足が集まっている14.30ドルレジスタンスラインで行き詰まっている。最近の価格推移にはわずかに弱気バイアスがあったものの、買い手は再びレジスタンスラインをテストする為に戻ってきた。モメンタム指標は弱気領域で横ばい。

 

 

 

 

金は再び1609.97ドルのレジスタンスラインを超えて上昇し、1600ドルの価格帯に入った。以前は、このレジスタンスエリアのブレイクにより弱気への反転が生じたが、価格は停滞している。モメンタム指標は弱気バイアスをサポート、MACDはゼロラインを上向きにブレイク。

 

 

 

 

原油

 

WTI原油は買い手が戻り回復しているようである。買い手の信念は強く、最近の取引で大幅な強気の動きが形成されている。ターゲットは34.90ドルレジスタンスエリアに存在。モメンタム指標は上向きの軌道。

 

 

 

 

Anzo Capital Facebookページをフォロー:

Anzo Capital Twitterページをフォロー:

Anzo Capital Lineをフォロー:

Add friend

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座

Promotions