WTI原油は1バレルあたり20ドルで衰退し、回復し損なう

  • 2020年3月23日

USD/JPY

 

ドル円の買い手は、価格反転の最初の兆候として、宵の明星が形成さている為、110.19ドルレジスタンスラインに留まっている。その為、売り手がブレイク後に戻り、現在は110.19ドルレベルをテストしている。モメンタム指標は上向きの軌道。

 

 

 

 

EUR/USD

 

ユーロドルは、最近の取引における一連の同時線が下降トレンドの減速を示している為、価格の反転を受けている模様。強い売りが残っているが、買い手は確信を持っているよう。1.067ドルのサポートレベルは、売り手にとってハードルである。モメンタム指標は下降傾向にあるが、RSIは売られ過ぎの状態をテスト。

 

 

 

GBP/USD

 

ポンドドルは、売り手が短期的な価格の方向性を決定することに積極的であり続ける為、最近の売りからの回復に苦労している。価格の上昇は売り圧力で満たされている。モメンタム指標も逆転しており、売られ過ぎの状態から回復している。

 

 

 

USD/CHF

 

USD/CHFペアは0.983スイスフランのレジスタンスエリアでハードルを発見した。この価格レベルは、過去にサポートレベルとして機能し、最近ではレジスタンスエリアとしても重要であることが証明されている。価格がこの価格ラインをブレイクした場合、ペアは以前の取引範囲内で変動する可能性が最も高くなる。モメンタム指標には上向きの軌道があるが、RSIは買われ過ぎの領域に達していない。

 

 

 

USD/CAD

 

USD/CADの上昇は停滞しているように見えるが、売り手はまだ価格行動を支配することが出来ていない。宵の明星パターンは、弱気センチメントに向けた勢いの変化の兆候にも関わらず、持続的な価格反転をもたらさなかった。買い手は今日の早朝取引で戻ってこなかった。モメンタム指標は依然として強気の領域に残っているが、RSIは70%のレジスタンスラインに戻った。

 

 

 

 

銀の買い手は勢いをつけ始めている。14.30ドルのレジスタンスレベルが見える中、売り手はまだ活発的である。モメンタム指標は強気をサポート、RSIは売られ過ぎの状態に達した後、30%のサポートラインに戻る。

 

 

 

 

金の買い手は、売り手が復活した1485ドルレジスタンスエリアを超えて、価格を押し戻すために戻ってきた。金は、新しいファンダメンタルズ要因が無ければ、この価格帯を超えて推移するのに苦労するかもしれない。この動きは、価格が安定する可能性がある以前の取引範囲への復帰を表している。RSIは売られ過ぎの状態から離れているが、モメンタム指標は弱気領域。

 

 

 

 

原油

 

WTI原油は、世界的なパンデミックが減速する兆候を示さないため、1バレルあたり20ドルの範囲をテストしている。WTI原油の価格は過去最低水準にとどまっている。買い手からのいくらかの回復の試みにも関わらず、最近の取引における売り圧力の高まりから、センチメントは弱気のままである。モメンタム指標は弱気の領域で減速、RSIは30%のサポートレベルをテスト。

 

 

 

 

 

Anzo Capital Facebookページをフォロー:

Anzo Capital Twitterページをフォロー:

Anzo Capital Lineをフォロー:

Add friend

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座

Promotions