ポンドドルのボラティリティが上昇

  • 2019年1月31日

Kickstart your new year with the best USD50 bonus campaign. Limited-time offer! Get it now!


USD/JPY

 

 

ドル円は長期のキーサポートレベルである108.73円の値に再び接近しており、ブレイクが期待されます。モメンタム指標はより下向きで、MACDは更に弱気な範囲へと拡大し、RSIは30%のサポートレベルに近づいています。

 

 

 

 

 


EUR/USD

 

 

 

ユーロドルは直近の1.145ドルの値を含む複数のキーレジスタンスエリアを上抜けしています。価格は1.153ドルのレジスタンスラインへ背接近中です。モメンタムにも強いセンチメントの影響がみえています。

 

 

 
 GBP/USD

 

 

ポンドドルは前回最高値の1.330ドルには届かず、売り圧力が1.306ドルへと押し戻す動きをみせています。新たな跳ね返りがあり、3月末までボラティリティの上昇が続く見込みです。モメンタム指標は強気な範囲に停滞する一方で失速を始めています。

 

 

 

USD/CHF

 

 

 

ドル/スイスフランは再び0.997スイスフランの値には届かず、0.986の値まで戻る推移をみせています。モメンタム指標は弱気で、MACDはゼロラインを記録し、RSIは規定値へと抜け戻っています。

 

 

 

 

USD/CAD

 

 

 

米ドル/加ドルは下向きなフラッグを形成し始めています。強く下向きな動きに続き買いに戻る動きを示しています。同ペアは1.316ドルを下抜けし、次回の売りの目標値は1.309ドルの予想です。モメンタム指標にも弱気なセンチメントが表れています。

 

 

 


 

 

銀は16.12ドルへ近づき、抜け戻る動きをみせています。この後退が反転に表れるか長期回復前の短い停滞の動きかに注目です。RSIは反転の予兆ともいえる買われ過ぎの状況へと近づいています。買いの出来高は依然上昇し、MACDは強く上向きな動きを示しています。

 

 

 

 

 

 

金は短い停滞の後、引き続き1303.94ドルへの回復を続けています。今日の取引中では売りが戻る動きをみせています。同時にRSIは買われ過ぎを示し、MACDは依然強気なセンチメントを残しています。

 

 

 

 

原油

 

 

原油の買いは$50/バレルを上抜けし、穏やかな上昇推移へ戻っています。キーレジスタンスエリアは$57/バレルです。この動きはMACDのゼロラインでの上抜けや、RSIの鋭い上昇軌道や、出来高の上昇の動きにも表れています。

 

 

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座