連邦機関の介入にも関わらず弱い米ドル

  • 2020年3月25日

USD/JPY

 

ドル円の買い手は、111.64円の価格レベルにハードルを発見した。一連の同時線は優柔不断を表しており、トレンド逆転の前に来ることがよくある。今日の取引における弱気のバイアスを考えると、価格は、110.19円のサポートレベルに戻る可能性がある。モメンタム指標は上向きの軌道、MACDはゼロラインをブレイク、RSIは買われ過ぎ領域から少し離れる。

 

 

 

 

EUR/USD

 

ユーロドルは、1.078ドルレジスタンスレベルのブレイクで価格が反転している。ブレイクを維持し、価格が1.089の価格ラインをテストする為に推移した場合、完全な反転が確認される。モメンタム指標は依然として弱気だが、RSIは売られ過ぎの状態から回復。

 

 

 

GBP/USD

 

ポンドドルは、1.201ドルのサポート領域に向けて価格を引き上げる為に買い手が戻っているため、反転を始めている。モメンタム指標も反転をサポートしており、MACDは弱気領域で横ばい、RSIは売られ過ぎのラインをテスト。

 

 

 

USD/CHF

 

USD/CHFペアは売り手が戻ってきた0.983スイスフランのレジスタンスエリアでハードルを発見した。価格は下落に転じ、昨日の取引で買い圧力が高まっている。次のターゲットは0.973スイスフランのサポートレベル。モメンタム指標は上昇傾向にあるが、RSIは買われ過ぎの領域に達していない。

 

 

 

USD/CAD

 

USD/CADの上昇は売り手がペアに戻り、反転が進行しているように見える為、終了したようである。コロナウイルスの拡散の長期に渡る影響を考えると、問題はファンダメンタルズ要因の影響をうけて、反転が続くかどうかである。モメンタム指標は依然として強気の領域に残っているが、RSIは70%のレジスタンスラインに戻った。

 

 

 

 

銀は回復の勢いが増しているようで、買い手が勢いをつけ始めている。14.30ドルのレジスタンスレベルは、売り手がこの価格レベルで戻ってきた為、反転が停滞している模様。ブレイクはこのラリーにとって重要になるだろう。モメンタム指標は強気をサポート、RSIは30%のサポートラインをブレイク。

 

 

 

 

金の買い手は大幅な戻しを受け、価格が1609ドルを超えた際、売りが回復し、価格をサポートレベルまで戻した。金はディスインフレ圧力と相まって金利の低下を背景とし、1600ドルの範囲を維持するのに苦労するかもしれない。RSIは売られ過ぎの状態から離れているが、モメンタム指標は弱気領域。

 

 

 

 

原油

 

WTI原油は、世界的なパンデミックが影響を与え続けており、需要と供給の懸念によりボラティリティが発生している為、価格は常に1バレル当たり20ドルの範囲をテストしている。買い手からのいくらかの回復の試みにも関わらず、センチメントは弱気のままである。モメンタム指標は上昇軌道、MACDは弱気領域で失速、RSIは30%のサポートレベルをテストし始めている。

 

 

 

 

Anzo Capital Facebookページをフォロー:

Anzo Capital Twitterページをフォロー:

Anzo Capital Lineをフォロー:

Add friend

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座

Promotions