重要なレジスタンスレベルに近づいているWTI原油

  • 2020年5月21日

USD/JPY

 

ドル円は107.93円のレジスタンスレベルを超えてプッシュすることに失敗した。そこに一連の同時線が集まり、買い手からの信念の欠如を示している。このペアは短期的に以前の水平価格パターンをとる可能性が高いようだ。モメンタム指標は適度な上昇軌道を持っている。

 

 

EUR/USD

 

ユーロドルは1.078ドルのサポートラインからリバンドし、現在1.098ドルのレジスタンスエリアをテストしている。ブレイクがない場合、価格行動はこれら2つの価格レベル範囲内に留まる可能性がある。モメンタム指標は強気のバイアスを反映している。

 

 

GBP/USD

 

ポンドドルは長引く弱気バイアスの後、1.208ドルの価格レベルから回復した。今後このペアは1.208ドル~1.261ドルの価格レベル間で変動し続ける可能性がある。モメンタム指標は穏やかな逆転を経ている。

 

 

USD/CHF

 

USD/CHFは0.976スイスフランの価格レベルで何度か失敗している。変動は0.961スイスフラン~0.976スイスフランの価格レベル間でより狭い取引範囲で狭まり始めた。モメンタム指標は中立の領域で低迷している。

 

 

USD/CAD

 

USD/CADは再び失敗した。サポートエリアはペアの磁石であるようで、本当の信念を持つ1.386カナダドルの価格ラインをクリアできなかった。モメンタム指標は下向きの軌道で弱気バイアスをサポート。

 

 

 

銀のラリーは以前の取引範囲を表す17.42ドルのレジスタンスエリアに向かって金属を取り戻した。これまでのところ、ブレイクは実現できていない。モメンタム指標は強気の軌道をたどっているが、RSIは金属が買われ過ぎであることを示す。

 

 

 

金は1728ドルのレジスタンスレベルで取引範囲の上限をブレイクしたが、このブレイクは売り圧力の高まりに直面している。より高い駆動は勢いが欠如しているため、買い手の欲望は衰えている。RSIは買われ過ぎの状態のすぐ下で横ばいになり、更なる上昇の可能性を示している。

 

 

原油

 

WTI原油の買い手は、価格行動を34.90ドルのレジスタンスレベルに向けて推進する勢いをつけることができた。このレジスタンスレベルのブレイクは、ギャップフィルラインを表すため重要である。それでも、現実信念はそこにない。モメンタム指標は急上昇傾向にあるが、RSIは買われ過ぎのポジションに近づいている。

 

 

 

Anzo Capital Facebookページをフォロー:

Anzo Capital Twitterページをフォロー:

Anzo Capital Lineをフォロー:

Add friend

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座

Promotions